疑いされながら歩き続け

健康のためにあるくのをルーチンとしていました。がんらい息子の頃からあるくのが好きでよく歩いていたのですが、30代になったてからは健康のために意識して以前よりたくさんあるくようにしました。そうしてデイリー低質2時間は走り抜け続けました。

他の人に「デイリー2年月歩いている」というと「もの凄くねー」と言って驚かれます。その応対が心地よくて一際歩こうと思い、2週前から一日3年月あるくことにしました。そうして周りの人に「今は一日3年月歩いている」と、わずか自信げに言っていました。

それから「恐ろしいねー」とか「スタミナがあるねー」って感心されると思いきや、「さほど無茶控えるほうがいいんじゃない」とか「歩きすぎるとボディひっくり返すよ」といった品評的応対だったのでなんとなく以上でした。けれどもあるくのが好きなわたくしはデイリー3年月駆け抜け続けました。

たまには乗り物が痛いということもありましたが、頑固なわたくしはひとまず決めたら外したくなく走り抜け続けました。そうやってゼロ週過ぎた頃、なかなか乗り物の痛苦が増してきたような意思がしました。それでもあるくのには不便なかったので気にせず駆け抜けました。

ファミリーからは「あるく年月が長すぎるんじゃない?」などと疑いされながら歩き続けて2週、乗り物の痛苦が増してきてようやくクリニックで診てもらいました。そうしてレントゲンを撮ってもらったら、「右側の股関節の軟骨が減ってきて炎症を起こしている」と言われました。

そうして「これ以上酷くなったらオペレーションしなくてはなりません」と言われました。前もって一日3時間も歩いたことが原因のようです。そのとき四方から言われたように、歩きすぎたのだと思いました。健康のためにあるくのは良いことですが、私のように駆け回りすぎるのはよくないようです。

今では反省して、乗り物の痛苦が収まったら余裕スケールに歩こうと思います。マクサルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です